« 泣きだしたい私へ | トップページ | BUNROKU 樋浦靖晃 ギターリサイタルを聴く »

泣きだしたい私へ

今日は泣きたかったけど泣けなかったお話

先日の東京文化会館での演奏会
先生の晴れの大舞台shine
絶対泣く(涙がこぼれる)と思っていました
今まで何度も涙があふれていたので…
手にハンカチを握りしめて、開演を待ってました。

でもね…泣かなかった、涙も出なかった。
感動しすぎて、ただただ立ちつくす?じゃない座ってた。
先生がいるステージがまるで一枚の絵画のように見えて、約二時間それを眺めてました。
頭の中には音楽が聴こえてきました。

フランダースの犬の主人公ネロが、人生の最後に見たかった絵を見たときの感動はこれだったに違いない!と勝手に思ったりして(笑)

そして今、emergenceを聴きながら、泣きだしたいのを我慢しています。



|

« 泣きだしたい私へ | トップページ | BUNROKU 樋浦靖晃 ギターリサイタルを聴く »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

泣きだしたい私へ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1014949/73383658

この記事へのトラックバック一覧です: 泣きだしたい私へ:

« 泣きだしたい私へ | トップページ | BUNROKU 樋浦靖晃 ギターリサイタルを聴く »